スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエルの為に鐘は鳴る GB

1992年9月4日に任天堂から発売されました。

ネタバレな部分を含むと思うので注意。


RPG風アクションゲームという感じでしょうか。町や森の中では従来のRPGの操作で大丈夫なのですが、洞窟などの所では横スクロールのようになります。
つまりアクションゲームになります。少しばかりの謎解きもあります。

主人公はある王国の王子で、ライバルも違う国の王子です。ストーリーは二転三転しますが、基本的に悪者にさらわれた姫を助け出すという王道街道まっしぐらなストーリーです。
この主人公はタイトルにもあるように「カエル」に変身することができます。そして何故かカエルの天敵である「ヘビ」にも変身できちゃいます。この2つ変化能力を使って冒険を進めていきます。

アイテム欄は固定されています。ここにはこのアイテムが入るという約束されているようなものなので取りこぼしが無いかすぐ確認できます。
体力を増やすには宝箱などに入ってるハートをGETしなくてはなりません。

変わっているのが戦闘。フィールド上には敵が実体化して待ち構えています。上手く避ければ戦わないで進めますが、ボスなどは避けられません。
一体どこが変わっているのかというと、通常のRPGのように敵に出くわすと戦闘画面に変わり自分の行動を選ぶターン制の戦闘を思い浮かべると思いますが、このゲームでの戦闘は一切コマンドを使いません。Bボタンを押せば「逃げる」「道具を使う」という2つの行動ができますが、それ以外は自動的に戦闘が進みます。
自分の能力と敵の能力、持っている道具と自分が今どんな状態にいるのか、そして体力ゲージの量で勝敗が決まります。お手軽です。一発で倒せちゃうような敵は跳ね飛ばします。

もし敵やトラップなどにやられても所持金やアイテムを無くすことはありません。体力が無くなると最後に行った町の病院に搬送されます。その時は体力は3つしか回復していませんので医者に治してもらいましょう。ちなみにハート1個につき2ケロ(お金の単位)です。

ストーリーはユーモアたっぷりで楽しんで冒険を進めることができます。難解なダンジョンや強敵などもあまりいず、RPGやアクションゲーム初心者の方でも簡単に進めることができると思います。個人的にゼルダは挫折してしまうのですが、これはどんどん進めることができました。
ただクリアするには自らが変身できる「カエル」と「ヘビ」の特徴を理解していないとダメなのでそこら辺は要注意ですね。

テーマ : 懐かしのゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

うわっ

昔やってた時があるんですよ!
「カエルの…」を!いやー懐かしい…。

行く道間違えると元の場所に着く森を進むために方角とかメモしてた記憶があるような・・・ww

コメントありがとうございます

なんせ92年ですからw
その森は怪しい薬をもらう老婆の家へ行く森ですね?あそこは結構迷いがちですね・・・
FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。