スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビストロレシピ GBC

ワンダースワン版もあるようですが、自分の持っているものはゲームボーイ用です。
1999年10月8日と同年の12月10日にバンプレストから発売されたソフトです。
確かアニメもありましたね。



ビストロレシピは「激闘★フードンバトル編」と「決闘★ビストガルム大陸編」の二つが発売されていて、それぞれ異なったストーリーですが全く違うというわけではなく、二部構成のような形になっています。

ワンダースワン版とゲームボーイ版ではゲームシステムが違うようです。
まぁそれはおいといて・・・このゲームは料理がフードンと呼ばれるモンスターとなって戦います。つまりポケモン以降に続々出てきたパチモンモンスター育成型RPGです。
育成といってもレベルを上げて技を覚えさせること・・・これぐらいしかないです。

重要なのが、レシピとそのレシピに必要な食材が揃っていないとフードンを作ることは出来ないということ。
例えば、「めだまやき」のフードンを作るときにはめだまやきのレシピと食材である『たまご』と『しお』が無ければなりません。レシピは相手に勝つともらえます。「決闘★ビストガルム大陸編」では所持金をコインに換えてレシピを買うこともできます。
しかも、多くのレシピは派生して生まれます。「オムレツ」のフードンを作りたいとき、いくら敵を倒してもオムレツのレシピは入手できません。どうするのかというと、「めだまやき」のレシピに『ケチャップ』を足すとオムレツになります。勿論、『たまご』と『しお』は無ければなりません。

手持ちは五匹までで戦闘に出せば経験値が、出なかったフードンまたはひろばに預けてある持ちきれないフードンにはその半分の経験値が与えられます。戦闘が終われば自動的に体力が回復します。なんて効率がいいのでしょうか;;
戦闘中は技を繰り出すこととトッピングをすることができます。持っている食材を自分か相手のフードンに投げつけることをトッピングといいます。食材によって色々な効果を及ぼします。
フードンを作る際に必要となった食材を投げれば体力を回復、『スープ』など熱いものを投げればやけど、『とうがらし』などのエスニック調味料やからいものを投げればしびれ、とこの状態異常が対戦を大きく左右します。それぞれの状態異常を与える技もあります。

本格的なRPGを期待するとずっこけます。少しのストーリーと対戦、そしてなによりレシピを集めることがこのゲームの肝です。単調なゲームなので好き嫌いがあるゲームでしょう。
肉系フードンは体力が多く防御が高い。が、すばやさが低いので先手をとれない。すし系フードンは攻撃力が高いものの、体力の伸びが弱い。などそれぞれの系統別に特徴があるのも面白いです。でも、対戦に一度出すとそのフードンは引っ込められないのでそれは不便ですね。なので、こまめにセーブしましょう。(これはRPGの基本ですが・・・)


このゲームの最大のウリはなんといってもフードンのデザインだよなぁ。


テーマ : 懐かしのゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。