スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十三番目の人格 ISOLA / 貴志祐介

ISOLA―十三番目の人格(ペルソナ)

貴志祐介さんの処女作のホラー小説です。日本ホラー大賞で佳作を貰っています。

人格は"ペルソナ"と読みます。

自分が買ったのはカバーが違うものでした。

※それ程ネタバレはないと思いますが一応注意です><



内容は災害地を訪れた主人公が多重人格障害の女の子と出会い、治療を施すのですが…思わぬ事態へと発展していきます。(簡潔に記述するとこんな感じです)


主人公はエンパスという能力の持ち主です。テレパスは相手の気持ちを読み取る超能力者のことを言いますが、エンパスというのは相手の感情を感じ取る能力者のことです。その感情が強いほど、感じる波動も強くなります。


とにかく伏線が凄い
読んでいて疑問になる箇所が段々明らかになっていって、最後には無数にあった点と点が線になります。


怖さの方も現実には起こりそうにないことだけど、実は自分の知らない世界では本当に起こっているんじゃないか、と思わせるほど怖いです。


前半はあんまり事の真相にはほんのちょっとくらいであまり怖くありませんが、話を進めるごとに段々と盛り上がっていきます。
場面がコロコロ変わりますがそれほど違和感は無しでした。
ラストも余韻を残すような展開でベタではありますが、こういう話だと一層怖く感じられ面白かったです。


現実と非現実の合間に取り残される奇妙な感覚をお楽しみください。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。