スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STRAPPING YOUNG LAD / City

歌舞伎町から超鋼鉄重低爆音

Country: Vancouver, Canada
Genre: Industrial/Extreme Metal
Order: 2nd Full
Release: 1997

Rate: 87



1. Velvet Kevorkian
2. All Hail the New Flesh
3. Oh My Fucking God
4. Detox
5. Home Nucleonics
6. AAA
7. Underneath the Waves
8. Room 429
9. Spirituality
(10. Centipede ※日本盤ボーナストラック) 


邦題:歌舞伎町から超鋼鉄重低爆音

1. 鋼鉄の狼煙
2. 崇めよ!新たな血肉を
3. オー・マイ・ファッキング・ゴッド
4. 解毒命令
5. 母なる原子核爆音
6. AAA
7. 曝されよ!衝撃波の下に
8. 呪われし429号室
9. 解放宣言
10. 百足,這わせて





えっと……まず……邦題がwww 歌舞伎町ってなんだよ……

Steve Vaiのおかげで世に名前が知られるようになったDevin Townsendのプロジェクトです。このアルバムからドラムにGene Hoglanが抜擢されています。
はっきり言ってこれは凄いです。数少ない呆気に取られたアルバムw
音楽という概念において激しさを追求し過ぎた成れの果て、と形容した方がいいのでしょうか。こういうのを聞くと商業主義に走った音楽界に対してDevinなりのアイロニーが込められている、と思うのは考えすぎですね^^;

ド頭の電子音から轟音の嵐になだれ込む1. Velvet Kevorkianから強力なんですが、その後の2. All Hail the New Fleshで既に本作のハイライトとも言ってもよい勢いがスピーカーから押し寄せてきます。いくつの音を詰め込んでいるのかわからないカオスな空間が広がるバッキングに、強烈なスクリームと電子的な匂いを漂わせるクリーンヴォイスを使い分けるDevinのボーカルは狂気の沙汰以外の何者でもありません。一変して清涼飲料水のように爽やかなパートになるところもwしかし、これだけの音の塊を曲としてここまでまとめ上げるのは非凡な才能のおかげなんでしょうね。

その後も3. Oh My Fucking God、4. Detox、7. Underneath the Wavesとブルータルな曲が続きます。この3曲は、生半可な気持ちで聞いたら吹っ飛びます。ええもうそりゃ耳がおかしくなりますよ。当分の間音楽はお控えになってくださいと言わんばかりの激烈さ。こんなに詰め込まれた音なのに4. Detoxなんかはもうヘドバンしまくりのキラーチューンに仕上がってます。全体としてこのアルバムはリフ自体は単純なんですが、その周辺のサウンドが凄まじいので、どうしても聞きづらくなってしまうんですよね。でもそんなことはお構いなしでひたすらに過激な音楽を目指すその姿勢、素敵です(*^o^*)頭のネジが2、3本取れたかのように発狂するDevinは、とりあえずお体を大事にしてほしい。

……にしてもドラムはよくこんなに正確に叩けますね。上述しましたが、このアルバムのドラムはGene Hoglanというかなりの体格の男が叩いています。正直この速さでこれだけの手数、足数となると相当な体力とテクニックが要求されますが、Geneは難なくこれを叩きあげています。彼はDeathやDark Angel、Tenstamentなどの数々のエクストリームバンドでその実力を見せつけてきました。その巨躯からは想像もつかない繊細で且つ激しいドラミングはバンドの要という役割を十二分に果たしていると思います。ライブ映像を見ると台座に鎮座している暴君といった風貌なのですが、一たび曲が始まると、手と足のみが目まぐるしい音とともに動いていて……冗談だろ、と笑っちゃいましたよ。一人で。

このアルバム中最もイカれている(と思う)5. Home NucleonicsでもDevinの人間捨てたような雄叫びを聞くことができます。終始休むことのない音にリスナーの精神はくたくたです。 後半は割と6. AAA、8. Room 429、9. Spiritualityのようなおとなしめな曲が占めています。まぁこのアルバムの中での話ですが。速さを失っても激音は変わらず。というかこれだけの音を聞かされた後にこのような曲が聞こえてくると、必然的にまぶたが重くなりますよね?w電車の中で聞いてると必ずと言っていいほど8. Room 429の途中ぐらいからうとうとし始めちゃうんですが……アルバムの中で異質な感触のある8. Room 429はキーボード(シンセサイザー?)の音使いやギターのメロディが中々ミステリアスで面白い曲です。Devinのボーカルも歌ってます。曲順からも考えて、お口直しのような印象ですね。

個人的にはもうずっと激しい曲でまくし立ててほしかったですね。ここまで来たら何でもやっちゃえと開き直ってくれたら嬉しかったんですけど、Devin自身ヒーリングに傾倒したような流麗なプロジェクトもやっていますしね。てか本当に正反対の音楽ですね……


一言でいえば轟音です。これを音楽に成立させているのがDevinが鬼才と呼ばれる所以なのですね。
ただ聞き終わるとかなりの疲労感が襲ってくるので気をつけてくださいねw
メタルの中でも異質なこのミュータント作品をご一聴くだされ。



Detox





Myspace
http://www.myspace.com/strappingyounglad

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!

にほんブログ村のリンクより来ました!
自分もHR/HMなど聴きますよ!
アイアンメイデン
ハロウィン
メガデス
ガンマレイ

などを聴いています!
ブログ見る感じでは本当にHM好き!って感じですね。
自分はそこまでなので本当に尊敬します。

もしよかったら、こちらの方にも遊びに来ていただけるとありがたいです^^

コメントありがとうございます

はじめまして^^
訪問ありがとうございますm(_ _)m

いいですね〜。そこら辺のベテラン勢は今聞いても色あせてないです。これからもメタルを聴き続けてくださいね!

ブログの方は本当にメタル一色な感じで、ちょっと読みづらくて申し訳ないです^^;
こんなバンドもいるんだ〜程度の認識で大丈夫です。

このアルバムは名盤ですよね!
僕も思い立ってはちょくちょく聴いてます。
ルネス様の挙げた激しい曲は僕も大好きで、アルバム全部そんな感じなら言うことなかったですね。
遅い曲は欠伸が出てしまう、、、

コメントありがとうございます

一曲ぐらいは激しさと美しさを対比させたものがあればよかったですね。
にしても激しい曲の割合が高いので、文句はあまりありませんけど。
FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。