スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の喫煙者 / 筒井康隆

最後の喫煙者―自選ドタバタ傑作集〈1〉 (新潮文庫)

ドタバタものの作品を集めた文庫本です。
この本には主に思わず読者が「えっ!」となるようなへんてこな世界が広がる話が収録されています。実は筒井康隆の小説はこれが初体験だったわけですが、最初の「急流」で混乱しましたよ、既に。こ・・・これが、、、筒井の世界か・・・と愕然としましたね。

続く「問題外科」で完全に自分の理性は崩壊したと言っても過言ではないでしょう。エログロに耐性の無い方は、一日中、いや一週間、いやいやひと月も食欲や性欲が一切湧いてこない可能性がありますのでお気をつけて。

「最後の喫煙者」は絶滅危惧種となった喫煙者を巡る騒動です。蔑まれるべき存在になった喫煙者の末路はこんな風になってしまうのかと読んでいていささか哀憐を感じました。まぁ自分は煙草を吸う人、そして煙が嫌いなので、これが現実になると面白いことは面白いんですけどね。

そして「喪失の日」。まさか活字で声を出して笑うとは思いませんでした。
それまではフフッと鼻で笑うことが多かったのですが、この話のオチを読んで思わず声が・・・w
この話大好きです。おそらく筒井作品の中でもかなり上位に食い込む面白さかと。

テーマ : **本の紹介**
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。