BLACK SABBATH / Black Sabbath

Black Sabbath

Country: Birmingham, England
Genre: Heavy/Doom Metal
Order: 1st Full
Release: 1970

Rate: 81



1. Black Sabbath
2. The Wizard
3. Behind the Wall of Sleep
4. N.I.B.
5. Evil Woman
6. Sleeping Village
7. The Warning
8. Wicked World 





日本ではハードロック御三家に数えられているらしいです。Deep Purple、Led Zeppelin、そしてこのBlack Sabbath。
まずジャケが独特な雰囲気を持っています。この作品が発表されたのが1970年なので贅沢なことは言えないですが、パッと見て粗い画風の絵です。そこに枯れ草と古い建造物(教会?)とその前方に黒いオーブを身に纏った女性と思わしき人物がぽつんと立ってこちらを見ています。そんなに見ないで///
何と言うか…あまり長い間見ていたくないですねこのジャケ。はっきりいって不気味っす。シンプルな不気味さというか、人間の持つ原始的な感性に問いかけてくるようなジャケです。

中を開いてCDを再生してみると聞こえてきたのは、静かな雨音……遠くで鐘が鳴っている……
1. Black Sabbath。邦題:黒い安息日。正にジャケの雰囲気そのもの。絵が今にも動き出してきそうな感じです。雨音から突然切り込んでくるギターとベースとドラムがおどろおどろしい音色を奏でています。
特にこのリフ!怖いです。怖いよこわいよコワイヨ。あんまり難しいリフじゃないように思いまが、何故か怖い。恐いじゃなくて怖い。ドラムも忙しく叩いてますが、うるさいという感じは受けません。というか急に静かになるところでの遠くでドンドコドンドコ叩いてるのが不気味なんですよ!よくこの手の音楽ではベースの音が聞こえづらいという難点があったりなかったりしますが、このアルバムははっきり聞こえます。なのでやってることがわかって面白い。このベースはうねってるといいますか、蛇が這っている様子が頭に浮かんできました。知らず知らずのうちに自分の近くに恐怖が来ているという……大好きですw エコーがかかったOzzyのヴォーカルも怯えか苦しみか、何かに憑かれてでもいるような叫びが印象的です。「Oh Noooooooooooo!!」とかもう鳥肌立っちゃいましたよ。途中から激しくなるところもこれまたカッコいい。カッコ怖い。でも病み付きになります。まぁ自分がこういう雰囲気モノが大好きってことも関係しているんでしょうけどw

一曲について言いすぎたので、他の曲についても書きます。
1. Black Sabbath以外の曲は不気味な印象というのは受けませんでした。6. Sleeping Villageや7. The Warningなんかはちょっと気味悪く感じましたが。2. The Wizardのイントロは笛…でしょうか?軽快なメロディが飛び出してきますが、すぐにギターソロがあってまたドラムが後ろでドコドコw 妙に耳に残るリフだなぁと思いました。ベースラインが素晴らしく、ノリが良い4. N.I.B.なんかは「オーイェー!」と一緒に歌ってみたりw7. The Warningは10分以上の大曲です。実験的な要素も入ってるかと思います。全体としてはギターを楽しむことをおすすめします。やっぱり目立つ存在でしょうね。各曲のギターソロはそれぞれ素晴らしく泣きメロも入ってたりして、聴き応え良し。ブルースっぽさも兼ね備えた音ですね。

後のロックに多大な影響を与えたアルバムです。
というかヴォーカルのOzzy以外が口ヒゲ姿なのは……ww



Black Sabbath





公式HP
http://www.black-sabbath.com/

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる