密室殺人ゲーム王手飛車取り / 歌野晶午

密室殺人ゲーム王手飛車取り (講談社文庫)

現在、密室殺人ゲームシリーズ第3弾となる(予定)の「密室殺人ゲーム2.5」の連載がスタートしたようです。
講談社文庫。

ネタバレ注意かも><



見知らぬ5人がインターネットのチャット上で犯罪を題材にトリックを推理する。
しかしその推理では、犯人当ては行われない。
何故なら出題者がその問題の犯人なのだから・・・!

ってな感じの前衛的なミステリです。
推理するトリックは主に次に狙われるであろう被害者の特定、どのような方法で被害者を殺すことができたか、どのようにして殺害現場まで移動し得たか、などの実際の推理小説にありそうなものばかり。
それを見知らぬ5人が思い思いのキャラクターを演じながら推理し合います。

チャット上で行われているようなコミカルなやり取りと
読者も自らがそのチャットをやっているような錯覚を味わえます。
いくつかの章ごとに分けられているのですが、ほとんど面白いですw

この著者は社会問題などを織り交ぜたミステリが得意なのでしょうかね。
『葉桜の季節に君を想うということ』でも当時の社会を風刺するようなトリックでしたし。

講談社ノベルスから『密室殺人ゲーム2.0』が発刊されていますが、自分は文庫化を待ちます!
現在連載している『密室殺人ゲーム2.5』が上梓される頃には文庫化しているかな・・・

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる