スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BULLET FOR MY VALENTINE / The Poison

Poison

Country: Wales
Genre: Metalcore
Order: 1st Full
Release: 2005

Rate: 84



1. Intro
2. Her Voice Resides
3. 4 Words (To Choke Upon)
4. Tears Don’t Fall
5. Suffocating Under Words of Sorrow
6. Hit the Floor
7. All These Things I Hate
8. Room 409
9. The Poison
10. 10 Years Today
11. Cries in Vain
12. Spit You Out
13. The End
14. Room 409 (Live) (※日本盤ボーナストラック)
15. Spit You Out (Live) (※日本盤ボーナストラック) 





大人気バンドですね。
3rdアルバム「Fever」が日本の洋楽チャートにランクインしているのを見ました。(まぁその時の他の洋楽アルバムが特に目ぼしいものがなかったというのも原因としてあるわけですが……)このようにワールドワイドに人気があるのがわかると思います。楽曲も聞きやすいですしね。何よりイケメンですからね。特にフロントマンが。マジシャンのセロに似てません?

彼らを知ったのは2006年のLOUD PARKでしたかね。(結局その時はキャンセルでしたが)"Tears Don't Fall"を試聴して気に入りました。この1stにも入っています。自分はあまりアメリカンというか現代的な質感のあるにおいが漂う音楽にはいまいち疎いのですが、このバンドは素直に聞けましたね。ジャンル的にはメタルコアに括られるのかもしれませんが、As I Lay DyingやUnearthとは違った感触を受けます。あっちは純粋なメタル然としたメタルコアで、こっちはより大衆受けを狙っているようなメタルコア……クリーンヴォイスの配置の仕方や音楽観や姿勢なども違うので一概には言えませんがね。ぐだぐだ愚論を述べてますが当方何もわかってないのであしからずw

さてこの「The Poison」は若いエネルギーに満ちた内容と言えますね。リスナーのツボを心得ているのかどうかわかりませんが、後半になっても勢いが衰えることはありません。好きな曲は5. Suffocating Under Words of Sorrowですね。コンパクトにまとめられていてかつキャッチーなメロディが堪らなく良いです。個人的に見ても彼らのアルバムの中ではこの1stが一番良いかも。聞きにくさもそれほどなく、エモやスクリーモ(?)などを聴いている人たちにはすんなりと受け入れられるのではないでしょうか。
さらに言えば、洋楽を聞かないような人たちに聞かせても不評は買わないと思います。そう思うのも苦手意識を持たせない程度のスクリームとヘヴィさ、そして何よりも聞きやすさだと思います。あとイケメン。こういうのが苦手な人はとことんダメでしょうが好きな人には一発で気に入られるバンドですね。

ただ1stでバランスが良い作品を作っただけに、これからの活動の上でヘヴィか聞きやすいかのどっちかに偏るとなると反論が少なからず出てきてしまうのが哀しい性。でも2ndは曲ごとの色が露骨になったものの安心して聞けるものだったのでよかったです。
3rdはまだ聞いていません。



Tears Don’t Fall





公式HP
http://www.bulletformyvalentine.com/us/home

Myspace
http://www.myspace.com/bulletformyvalentine

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。