スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連城三紀彦 『戻り川心中』

戻り川心中 (光文社文庫)

自分が持ってるのは講談社のバージョンです。


帯にもあるとおり、花にまつわる5つの短編が収録されています。
5編全てに哀切と愁いが濃縮されているので短編ですが濃い~内容になってます。

一昔も二昔も前の時代が舞台になっていることもあって作品を彩る雰囲気も充分。
また描写力が凄く、レトリックのもたらす効果が最大限に引き出されていると言えるでしょう。
ミステリとしても完成されているので謎や驚きを求める人にもおすすめ。

べた褒めですが許してくださいw それくらい感動したので。
続編の『夕萩心中』も読みたいなー。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。