スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスピエ / わたし開花したわ

わたし開花したわ

Country: Japan
Genre: Pop/Rock
Order: 1st Mini
Release: 2011

Rate: 85



1. 開花前線
2. 電波ジャック
3. あきの日
4. チャイナタウン
5. パピヨン
6. 真夜中のランデブー
7. うちあげ花火
8. 夕焼けは命の海





各メディアから注目を浴びている若手バンド、パスピエの1stミニアルバム。
この前にもミニアルバムは発売していたもののライブ限定だったためこの作品が実質のデビュー作。

ポップでキャッチー、でも奇妙奇天烈とでも形容したくなるような唯一無二のサウンドは中毒性が高い。とにかく新しく、それでいて90年代のJ-POPを聞いているかのような懐かしさもある、ということで瞬く間にかなりのお気に入りバンドになってしまった……

この「わたし開花したわ」では、パスピエの黎明期とでも形容できるようなサウンドが表現されています。黎明期といっても決して発展途上という印象ではなく、これはこれで一種の個性的なパスピエ独自の色が現れていて聞いていて非常に心地よい。
その楽曲の核になっているのがファンタジー色が強いストリングスでダンスミュージック的な音使いながらも独特の浮遊感を醸し出しているのが面白く、2. 電波ジャックや6. 真夜中のランデブーなどに顕著に表れています。
ノリノリな曲はもちろんポップで聞きやすくかっこいいのですが、3. あきの日や5. パピヨン、8. 夕焼けは命の海などのスローテンポ、バラード曲でもパスピエ然とした音が表現されていてこれまた興味深い。前にも書きましたが、聞いてると独特のノスタルジアを感じてしまい涙が溢れてきてアレですね。
ただこのミニの中で一番好きなのは7. うちあげ花火かも。この曲にあるのは派手なストリングスでもなくノリノリなサウンドでもなく、ただただ胸が締め付けられるほどのメロディで、どれだけ奇抜なことをやってても根本にあるのはメロディを大切にする姿勢なのだということが思い知らされる名曲です。歌詞が青春すぎて聞いててつらい

曲によって印象に残るものと残らないものの差が大きいというきらいはありますが、斬新さと懐かしさが同時に味わえるサウンドは他にはないです。新世代バンドと言われるのも納得。



電波ジャック





公式HP
http://passepied.info/


1stフル「演出家出演」感想
http://emptylord81.blog93.fc2.com/blog-entry-704.html

2ndフル「幕の内ISM」間奏
http://emptylord81.blog93.fc2.com/blog-entry-771.html

テーマ : アルバムレヴュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。