スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NIGHTWISH / Once

ワンス

Country: Finland
Genre: Symphonic Metal
Order: 5th Full
Release: 2004

Rate: 90



1. Dark Chest of Wonders
2. Wish I Had an Angel
3. Nemo
4. Planet Hell
5. Creek Mary's Blood
6. The Siren
7. Dead Gardens
8. Romanticide
9. Ghost Love Score
10. Kuolema Tekee Taiteilijan
11. Higher Than Hope
12. White Night Fantasy (※日本盤ボーナストラック)
13. Live to Tell the Tale (※日本盤ボーナストラック)





今やフィンランドだけでなく、全世界に活躍の場を広めているといっても過言ではないシンフォニックメタルバンドですね。初期はそれこそ北欧メロディック系にあるようなクサさを押し出していた印象がありますが、この「Once」ではクサさよりもシンフォニックに重点が置かれている模様。まぁこの傾向はデビューから一貫している特徴だとも言えるので、正確にはクサさが無くなって洗練されたということでしょうか。映画音楽のようなサウンドも健在で3. Nemoなどに顕著ですね。改めてバンドの中心人物であるTuomasの興味・関心である「映画音楽」と「ヘヴィメタル」という一見相反するものの融合というものはこのアルバムで達成されたとも言えるでしょうか。

取っつきやすさという点では個人的に初期の名盤と思っている2ndアルバム「Oceanborn」に軍配が上がるかもしれませんが、2. Wish I Had an Angelや9. Ghost Love Scoreなどの楽曲群も素晴らしいもので、人によってはこちらの方がお気に召すと思います。前者はほんのちょっとだけクラブ・ミュージック的なノリが目立っていて良い意味で意外でしたし、後者は10分近くの大曲ですが展開がしっかりしていて聞き疲れはしません。なんといってもベーシストであるMarcoのボーカルも強力で、メインは勿論Tarjaですが、オペラ歌唱に切り込む特徴的なMarcoの声はクセになります。Tarjaがシンフォニック側のイメージを高めているなら、Marcoはメタル側の印象を与えていると思われます。

今までボーカルを執っていたTarjaがこの「Once」を発表した翌年の2005年に解雇され、地元のTVニュースにも取り上げられるなどの騒動になりましたね。今でもよく覚えています。バンドメンバーから届けられた解雇通知を公開したんでしたっけ。その後に出した6thアルバム「Dark Passion Play」ではTarjaへ向けたメッセージを込めた曲を収録するなど大変でしたね。当時はまだまだ確執ありそうだなぁと今後を心配したもんです。何より両者とも活動が健在でよかったです。Anetteのボーカルも嫌いじゃないので頑張ってほしいですわ。



Ghost Love Score





公式HP
http://www.nightwish.com/en/

ファンサイト(日本)
http://www.nightwish.jp/

Myspace
http://www.myspace.com/nightwish


2ndフル「Oceanborn」感想
http://emptylord81.blog93.fc2.com/blog-entry-160.html

6thフル「Dark Passion Play」感想
http://emptylord81.blog93.fc2.com/blog-entry-257.html

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。