スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年上半期ベスト15選

社会人になって少しずつお金に余裕が出てきたのでちょこちょこ新譜を買ってました。
その中でも特に印象に残ってるアルバムを選びました。ランキングではないので順不同です。
メタルだけではないのでその辺はご容赦を。



No.1
ÆTHER REALM / One Chosen by the Gods

One Chosen by the Gods

アメリカはノースカロライナ州出身のヴァイキング/メロディックデスメタルバンドの1st。
2013年最初の衝撃はこれ。本人たちがFacebookで"WE ARE NOT FROM FINLAND"と謳っているように
シンフォニックな味付けと勇壮なメロディとが絡み合って疾走するサウンドはド直球の北欧クサクサヴァイキングのそれ。EPの頃から話題になっていたが正直ここまでとは思ってなかった。
WintersunやEnsiferumなどが好きなら間違いなく気に入るだろう。

視聴曲 "Swanpwitch"
http://youtu.be/6Jx6Gj3vrUs



No.2
PERSEFONE / Spiritual Migration

Spiritual Migration

アンドラ公国のプログレッシブデスメタルバンドの4th。
再生した瞬間からそのスピリチュアルな音世界に呑みこまれていくこと必至。
一言では言い表せないほどにプログレッシブで勢いも忘れておらず、そこに壮大すぎないほどの絶妙なシンフォニックアレンジによってアルバム全体に統一感が出て恐ろしいほどの完成度になっている。
よくもこんな曲ばっか作りましたねと言いたい。
まぁこのバンドがアンドラ公国の知名度アップに貢献していることは間違いないでしょうね。

視聴曲 "Mind as Universe"
http://youtu.be/33iPIizR6tI



No.3
ANCIIENTS / Heart of Oak

Heart of Oak

カナダのプログレッシブエクストリームメタルバンドの1st。
近年のヘヴィネスシーンは段々と原点回帰というかストーナー的なアプローチをモダンなサウンドに昇華させるようなバンドが増えてきているように感じるが、このAnciientsもその部類のバンドだろう。
Opethの叙情性にMastodonに代表されるアメリカンなヘヴィネスサウンドを加えた
新人離れした音は心地いい酩酊感を与えてくれる。
平均して約7分というやや長いランニングタイムながらも
一気に聞かせてくれるドライブ感があり非常に密度が濃い一枚。

視聴曲 "Falling in Line"
http://youtu.be/pRtKUcke4PQ



No.4
パスピエ / 演出家出演

演出家出演(初回限定盤)

日本のポップ/ロックバンドの1stフル。
デビューミニアルバム「わたし開花したわ」から多少の変化はあったようだが、
ときに歌謡曲的であり、ときにエレクトロニックであり、ときにジャジーであり、
ときに"ヘン"な独特の世界観は曲のバリエーションが増えたことによってより顕在化した。
チャットモンチーや相対性理論、東京事変などの日本のガールズボーカルロックのテイストが
ところどころに感じられるものの、それを異様なキャッチーさと独自のアレンジ力で纏め上げており
アーティスティックな作品に仕上がっている。
とりあえず大胡田なつきの聞いてると胸が苦しくなるほどのプリチーヴォイスに毎日キュン死にしてます。

視聴曲 "フィーバー"
http://youtu.be/sTzfwboG1w4



No.5
TRIBULATION / The Formulas of Death

Formulas of Death

スウェーデンのデスメタルバンドの2nd。
これも初めて聞いたときに衝撃を受けた1枚。
ところどころにブラックメタルのエッセンスが感じられるデスメタル…と一言で言えればなんの苦労もないのだがそうは問屋が卸さない。凶暴でいて耽美かつ妖艶。美しささえ感じられるほどのアトモスフェリックな音像を携えながら凶暴性と耽美性の狭間を行ったり来たりするリフワークと展開美。
ぼーっとしてると心を持って行かれそうなデスメタルってそうそうない。近年稀にみる傑作かと。

視聴曲 "When the Sky Is Black with Devils" "Wanderer in the Outer Darkness"
http://youtu.be/k7J-rtHng4A



No.6
EARLY CROSS / Pathfinder

Pathfinder

日本のプログレッシブ/アトモスフェリックメタルバンドの1st。本人たちは"Landscape Rock"を標榜している。
まず聞いて思ったのは、日本からこのような音楽をやるバンドが出てきたということだった。
"Landscape"(風景を思い起こさせる)の名のとおり広大な自然を想起させる空間的な世界が全編にわたって展開されている。安易にシンフォニックに頼ることなく、あくまでもメロディはギターが主体で、そこにナターシャ嬢のアンニュイなフィメールヴォイスがサウンドをセピアに染めていく様は心の中の原風景に呼応してくるかのようである。
美しく壮大な自然を目の前にするとおのずと涙が溢れてくる…そんな体験ができる一枚。

視聴曲 "Cairn"
http://youtu.be/QaN8hmNuGbQ



No.7
LIGHT BRINGER / Scenes of Infinity

Scenes of Infinity

日本のメロディックメタルバンドの4th。

ふきてん!ふきてんかわいい!あーーーふきてーーーーん!!!!!

視聴曲 "Hyperion"
http://youtu.be/Qnqud-E4aXM



No.8
ENSHINE / Origin

enshine

元Slumber、元Atomaのメインソングライター、
Jari Lindholmが新たに発足させたメロディックゴシック/ドゥームメタルバンドの1st。
まぁSlumberやAtomaを引っ張ってきた人物の新プロジェクトがよくないわけがないよねってことで。
美しいストリングスがアルバム全体を包み込んでおり、
一般的なドゥームの印象とはかけ離れた美しく儚いサウンドが特徴。
絶望と悲哀が入り混じったメロディックドゥームとしては白眉の出来。
"Above Us"の後半のソロなんてまんまSlumberで初めて聞いたときはリピートしまくりました。


視聴曲 "Nightwave"
http://youtu.be/XEerYScAzKk



No.9
THE MONOLITH DEATHCULT / Tetregrammaton

Tetregrammaton

オランダのプログレッシブ/エピックデスメタルバンドの5th。
壮大すぎるほどのシンフォニーやエレクトロニクスなどをふんだんに詰め込みながらも
デスメタルとしての凶暴な音は失っていない変態的なデスメタル。
変態的だが聞いてみると驚くほどにキャッチーなのがわかるからクセになるサウンドと言ってもいい。
こういうのって大抵最初がすごく良くて後半の曲にいくにつれ段々と尻すぼみになっていくが、これは最初の勢いそのままに一気に駆け抜けていく爽快感がある。

視聴曲 "Human Wave Attack"
http://youtu.be/dnHrrzGWd0I



No.10
あさき / 天庭

天庭(初回生産限定盤)(DVD付)

コナミのゲームミュージック作曲家による2nd。
一回聞いただけではその輪郭すら掴むことができないほどの難解さをもってリスナーに示される独特の暗黒世界。
プログレメタルとビジュアルロックのハイブリッドに"和"のテイスト、それも漆黒の闇に溶けるような負の感情を大胆にまぶした唯一無二のサウンドははっきりいって鳥肌が立つほどに気持ちが悪い。
間に1分にも満たない小曲を挟みながらの全15曲は濃密すぎるほど。お腹いっぱいすぎてしばらく何も聞けなくなること必至。

視聴曲"魚水に上り 耀よりて"
http://youtu.be/KbfG-5dMYgI


No.11
BLOOD AND THUNDER / A Reality in Ruins

A Reality In Ruins

アメリカはワシントン州出身のメロディックデスメタルバンドの2nd。
クサいメロディを前に出したメロデスは数あれど、不穏な空気をまとったようなクサメロで疾走するメロデスってのもあんまりいないんじゃないかと。
ありがちな北欧タイプでもないしスウェディッシュデス路線でもないが全曲耳に残るクサメロの嵐が凄まじい。
特にやりすぎなほどのギターとキーボードのユニゾンが笑っちゃうくらいすごくてね……
今年はいいメロデスがぽんぽん出てきてるけどこの「A Reality in Ruins」で展開されるメロデスはどのバンドにも真似できないんじゃないかな……

視聴曲 "Enthroned in Ice"
http://youtu.be/ScjjKx9NfBI



No.12
GHOST B.C. / Infestissumam

Infestissumam

スウェーデンのヘヴィメタルバンドの2nd。
ボーカルは骸骨、それ以外は全員黒装束に身を包んでいるという異様な風体から繰り出される
オカルティックなヘヴィサウンドは宗教的クワイアとかっこよすぎるギターワークによって構成される。
クセが強くてはまる人とはまらない人とに分かれると思うが、はまったら抜け出せないほどの個性はやはり強烈。

視聴曲"Year Zero"
http://youtu.be/_Mbxe33BYW8



No.13
CENTURIAN / Contra Rationem
Contra Rationem

オランダのデスメタルバンドの3rd。
ブラジリアンデスメタルのような猪突猛進型デスメタル。
気持ち悪く動き回るギターリフにProstitute DisfigurementのボーカルであるNielsの地底から聞こえてくるかのような憎悪剥き出しの咆哮が響き渡る。古き良きオールドデスのにおいも漂わせながらほのかにブラックテイストも感じられるのも良し。

視聴曲"Feast of the Cross"
http://youtu.be/cZFeAkrm9AY



No.14
DREAM DEATH / Somnium Excessum

Somnium Excessum

アメリカはペンシルバニア出身のドゥーム/スラッシュメタルバンドの再結成後に発表された2nd。
ドゥームでスラッシュという一見すれば矛盾しそうな二つの音を自分たちのサウンドに仕立てて唯一無二たらしめたその功績は大きい。
ドゥーミーだけどスラッシーなうねりまくるギターリフのかっこよさに昇天。

視聴曲"Feast"
http://youtu.be/MHOmKIbshU8



No.15
EYECONOCLAST / Drones of the Awakening
Drones of the Awakening

イタリアのメロディックデスラッシュバンドの2nd。
スピードとアグレッションの塊のような音像で一気に駆け抜けていく様は、さながらリミッターが外れた暴走戦車が街を蹂躙していくよう……それほどの破壊力を持ったアルバム。楽器隊すべてが怒りの感情をフルにぶつけてリスナーの耳をレイプしていくと言ってもあながち間違ってはいないだろう。
過度に分厚い音質も手伝ってか凄まじい熱量がこの作品からほとばしってますよ。

視聴曲"Dawn of the Promethean Artilect"
http://youtu.be/4MnbXfJq3jw




・次点
CLUTCH / Earth Rocker
VOICES / Fragmented Illustrations of Anger
SHADE EMPIRE / The Omega Arcane
SORCERY / Arrival at Six
DERDIAN / Limbo

あと自分で買ったわけではないので入れませんでしたが、Caladan Brood「Echoes of Battle」、The Fall of Every Season「Amends」、Thousand Eyes「Bloody Empire」なども素晴らしい出来でした!!!





【全体の感想】
選びすぎました!!!!
だっていいアルバム多いですもん!!!仕方ないね!!!!
最初は10枚に絞って選んでたのですが改めて聞いていくうちに「あぁこれもいいなぁ」とか「これこんなにかっこよかったんだなぁ」とか考えちゃって…あの…そのですね…
でも15枚に枠増やしても足りなかったよ!次点に入れたアルバムもどれも甲乙つけがたい出来で、ここに名前を上げなかったものも素晴らしいものがたくさんありました。聞いていくうちに次点やそれ以外のものが年末にはかなり上位に来てる可能性も充分に考えられますね。
いや~今年は豊作ですよ。どのジャンル見てもいいアルバム多いです。
ちなみに買ったアルバムは42枚でした。

ただ聞いてない新譜も多すぎますね。
有名どころではHelloween、Stratovarius、Chthonic、Black Sabbath、Megadeth、Sodom、Voivod、Children of Bodom、Soilwork、The Black Dahlia Murder、Amon Amarth、Dark Tranquillityなど…
他にもHeaven Shall Burn、Eleanor、Sirenia、Leprous、The Ocean、Kylesa、Blood Ceremony、Jex Thoth、Cathedral、Azure Emote、Cerebrum、Logic of Denial、Cardiant、Wolfchant、Wine from Tears、Mourning Beloveth、Officium Tristeなんかが気になってますがいかんせんお金がががが……
あとブラックも全然買ってないなぁ…評判のいいAltar of Plagues、Deafheaven、Summoningなんかも気になってるんですけど手が出てないです。いつか聞こうとは思ってますが。と言ってる間にPeste Noireの新作なんかも出ててアレですね、もうどうにもできないですね。

とりあえず今はBurden of LifeとViolatorとScale the Summitが届くのを待ちます…






あ…Kalmah入れるの忘れた……

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。