2013年ベストアルバム(15~1)

2013年の総合ベストアルバムランキングです。前回の記事からの続きです。
最後にちょろっと今年の総括をしてます。これは別に読まなくてもいいです。


15位から1位まで。






15位
ENFORCER / Death by Fire
Country: Sweden

Death By Fire

北欧はスウェーデンのヘヴィメタルバンドの3rd。
Loud Parkでの来日も記憶に新しい、力強さとキャッチーさを余りあるアグレッションで彩ったピュアメタルサウンド。
これからのヘヴィメタルを担うであろう存在。

視聴曲 "Mesmerized by Fire"
http://youtu.be/PYUJkg2SiZA






14位
TRIBULATION / The Formulas of Death
Country: Sweden

Formulas of Death

スウェーデンのプログレッシブデス/ブラックメタルバンドの2nd。
デスメタルなのにキャッチーという相反する要素を両立させた唯一無二のサウンドにただただ驚愕。
ちなみにギターのAdamとドラムのJakobは上記のEnforcerに在籍してました。

視聴曲 "Wanderer in Outer Darkness"
http://youtu.be/H3KISLXgcX8






13位
SCALE THE SUMMIT / The Migration
Country: United States

Migration

アメリカはロサンゼルスのプログレッシブインストゥルメンタルバンドの4th。
ジャケットのような遠大な世界観を想起させる清涼感さえ漂うソフィスティケイトされたメロディがツボ。
テクニカルに展開するが、リスナーをぐいぐい引き込む技量は流石といったところ。

視聴曲 "Odyssey"
http://youtu.be/NXpq6XZDRBI






12位
八十八ヶ所巡礼 / 0088
Country: Japan
0088

とんでもない3人が集まった親孝行バンドの4th。
最初聞いたときはあまりピンと来なかったが段々とその音世界の凄さに愕然とした。
一度はまったら抜け出せない、古来から伝わる呪いのようなサウンドに陶酔するがいい。

視聴曲 "苦苦★念仏"
http://youtu.be/j7EoDKO1TRM






11位
CARCASS / Surgical Steel
Country: United Kingdom

サージカル・スティール

残虐王の17年ぶりの復活作。まさか出るとは思わなかった。
先行公開された"Captive Bolt Pistol"の充実っぷりに胸がときめいたが、他の曲も素晴らしかった。
ゴアやグラインド、デスなどの汚い音楽をここまで持ち味を殺すことなく洗練させられるのはCarcassだけだろう。

視聴曲 "Cadaver Puch Conveyor System"
http://youtu.be/BhdIdkr28QM






10位
PERSEFONE / The Spiritual Migration
Country: Andrra

Spiritual Migration

日本大好きアンドラ公国の6人組の新作。
メロディックデスの感触も随所に見せながら幾重にも展開する非常に均整の取れたプログレッシブデスメタル。
緊張感とマイルド感が上手くブレンドされた名盤。

視聴曲 "Mind as Universe"
http://youtu.be/33iPIizR6tI






9位
NERO DI MARTE / Nero di Marte
Country: Italy

Nero Di Marte

イタリア産プログレッシブ・デスメタルバンドの1st。
うねりまくる奇っ怪なリフとゴシック的退廃美を兼ね備えた暗黒系プログレデス。
先人たちのクオリティにも迫る質の高さで楽しめました。

視聴曲 "Time Dissolves"
http://youtu.be/lcM_QA-PVMQ






8位
ENSHINE / Origins
Country: Sweden (International)

enshine

開始1秒から目の前に広がる慟哭という名のEnshineワールド。
ジャケットの通り深海を思わせる蒼い質感と水晶のような煌びやかさを感じさせる。
底が見えぬ深淵へとズブズブ入り込んでいくそのゴシック・ドゥームサウンドに酔いしれる一枚。

視聴曲 "Nightwave"
http://youtu.be/XEerYScAzKk






7位
ATLANTEAN KODEX / The White Goddess
Country: Germany

White Goddess

エピックヘヴィメタル/ドゥームメタルバンドの2nd。
メタルの持つ情緒的な質感をこれでもかと推し進め、壮大な叙事詩を完成させたその力量は凄まじい。
インストを除けば5曲しかないものの、どの曲も目頭が熱くなるには十分だった。

視聴曲 "Sol invictus"
http://youtu.be/u0KYpbiatcI






6位
EARLY CROSS / Pathfinder
Country: Japan

Pathfinder

日本産だが日本的要素は微塵も感じられない非常にクオリティの高いゴシックロック/メタル。
意外にもザクザクとした輪郭を持つギターから繰り出される哀愁の調べに儚げなフィメールボーカルが乗る。
Opethと比べられることもあるが、それとはまた違った叙情的ゴシックを聞かせる。

視聴曲 "Cairn"
http://youtu.be/QaN8hmNuGbQ






5位
あさき / 天庭
Country: Japan

天庭(初回生産限定盤)(DVD付)

"京都メタル"を自称するコナミのゲームミュージッククリエイターの2nd。
難解で不可思議で奇怪で、聞いてると魂を持っていかれそうなダークな世界。
その徹底した世界観からは馥郁たる妖艶な香りさえ漂う。

視聴曲 "天庭"
http://youtu.be/xPzrBVZsxv4






4位
AVATARIUM / Avatarium
Country: Sweden

Avatarium

元CandlemassのLeif Edlingが新たに発足させたエピックドゥームメタルバンドの1st。
押し引きのある重厚なリフと朗々と歌い上げる女性ボーカルが紡ぎ出す異世界にトリップすること間違いなし。
妖艶で呪術的な名盤です。

視聴曲 "Moonhouse"
http://youtu.be/GWuGTYiQs8U






3位
STEVEN WILSON / The Raven That Refused to Sing
Country: United Kingdom

The Raven That Refused To Sing

Porcupine Treeの中心人物によるソロ名義の3作目。
最初から最後まで一切の緊張感を失わない楽器陣のアンサンブル、そこに乗る美しいメロディとコーラスワーク、
場面ごとに様々な表情を見せるメロトロンに至るまで、最高。

視聴曲 "The Raven that Refused to Sing"
http://youtu.be/u4XevlloPY4






2位
HAKEN / The Mountain
Country: United Kingdom

Mountain

イギリスのプログレッシブメタルバンドの3rd。
英国プログレの意志を継ぎながらも彼ら特有のアレンジをこれでもかと押し込めたプログレメタルの名盤。
アルバム全体にわたって劇的な物語性が支配する一大絵巻。

視聴曲 "Pareidolia"
http://youtu.be/kr_gROZmTtA






1位
パスピエ / 演出家出演
Country: Japan

演出家出演(初回限定盤)

間違いなく今年一番聞いたアルバム。
新たなJ-POP/ROCKの幕開けを告げる11個の曲は尽きることのない無尽蔵の魅力に満ちている。
もう何回リピートしただろう。まだ飽きる気配がない。

視聴曲 "フィーバー"
http://youtu.be/sTzfwboG1w4







【総括】
というわけでパスピエが一位でした。まぁ予想通りですね。
2013年はほんとにいろんなところから名盤が次々に飛び出して追いかけるので精一杯というかもう追いかけきれないってのが現状でして、「これ聞いてたらベスト行きなんだろうなぁ」っていう聞いてないアルバムもめちゃくちゃあるんですけど、現段階でのランキングはこんな感じになりました。
選出基準としては、「印象に残っているもの」「リピート数が多いもの」「アルバム全体で完成度が高いもの」で決めていますが、どうしても思い入れの強いアルバムは上位に来てしまうきらいがあるのでそこらへんはご了承ください。
まぁ上位の作品はどれも素晴らしい出来で正直順位なんて関係ないんですが、今年は事あるごとにパスピエを聞いてたので思い切って一位にしちゃいました。
あとはプログレ寄りの作品が多いように見受けられますがまぁご愛敬ってことで。
個人的にも2013年は聞く音楽の幅が少し広がった年でもありまして、my music life的にはわりと充実感がありましたね。
あ、あとEPとかsplitとかは買ってないんですが、Coholとheaven in her armsのアレは凄く凄くよかったです。


また来年もいい音楽に出会えますように!
ではでは!

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる