スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八十八ヶ所巡礼 ニューアルバム発売記念ワンマンライブ

9月7日に渋谷quattroで行われた八十八ヶ所巡礼のレコ発ワンマンライブに行ってきました。




八十八ヶ所巡礼はYoutubeで初めて聞いてからドツボにはまってしまったバンドでして、
今回のニューアルバム発売記念ワンマンライブはすごく楽しみにしておりました。
直前になって肝心の新譜の発売日が延期になってしまい、「え?!レコ発なのにそりゃないだろ?!??!」と
思っていたのですが、ライブではちゃんと先行発売されていたので安心しました。

クアトロは行ったことなかったので辿りつけるか心配だったのですが、
渋谷ユニオン目指していけばなんてことはありませんでしたね……
クアトロの表示がブックオフに混じっていたのでちょっとわかりづらかったですが……
開演直前になって入場したので後ろの方で見ることになりそうかなーと思っていましたがクアトロって一階のフロアの部分と三段ほど高くなったところにわかれていて、ちょっとしたアリーナのようになってるんですね。
これによってバンドが前に人がいるせいで見づらくなるということがなくなっているので見るのが楽でした。
あとかなりお客さんの女性率が高かったです。やはり日本の超人気バンドは違いますね…(白目)

PVではかなりシュールな世界観が展開されているので一体どんなライブをするのか楽しみでした。
いざライブが始まってみると佇まいはわりと普通のロックバンドだったので妙に落ち着いて見てしまいましたね。
ただ曲は彼ら独自の世界観が表れまくっていてかなりの長丁場だったにも関わらず時間の進みが早かったです。
ベース兼ボーカルのマーガレット廣井はその中世的な風貌から繰り出すひねりあげるリバーブ声と気持ち悪いベースラインをただ淡々と演奏しまくっているし、ギターのKatzuya Shimizuはリフでもソロでもおかまいなしと言わんばかりにトリッキーなフレーズを次々にやりまくっててますますヴァイ風味が増してきてるようだったし、ドラムの賢三はよくそんなに体力が保つなぁと驚愕するくらいに叩きまくってて(途中ソロも込み)ロックドラマー然とした風容でめちゃくちゃかっこよかったし、正直なんでこの3人が一緒のバンドにいるのかずっとライブ中考えてしまうくらい圧倒されました。

セットリストとかいう概念をブッ飛ばすくらいに演奏しまくってて、
終わってみればもしかしたら持ち曲のほとんどをやってたんじゃないですかね。
そのせいか19時開始でアンコール込みで終わったのが23時ですよ。ワンマンライブもいいとこですよ。
あと新譜からも何曲かやってました。
"苦苦★念仏"、"◎百鬼園◎"、"巡礼地獄♨"はライブで演奏してましたね。他はよく覚えていませんが。
新曲、ライブで聞く限りではちょっと地味かなと思ってたんですが、CD音源で聞いてみると物凄くかっこいいです。新譜にはライブ映えする曲は少ないかもしれませんね……

とにかく八十八ヶ所巡礼という今の日本のロック界に存在する異端バンドのライブが見られてよかったです。
ずっと立ちっぱなし+会場出たあと早足で駅に向かったので脚がむちゃくちゃ痛くて、次の日のMardukで脚ぶっ壊れるかなぁと憂鬱になってたこと以外は満足でした。


テーマ : ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。