スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PORTAL Japan Tour

下北沢eraで行われた、国内のアンダーグラウンドのバンドを集めたフェス企画であるRoad to Hellが主催したPORTAL Japan Tourに11月30日に行ってきました。

出演:
Portal / Cohol / Endon



下北沢には初めて降り立ったのですが良い雰囲気の街ですね。
時間があればもうちょっといろいろ見て回りたかったんですが着いた頃には開場の時間になってしまったので断念。

今回見た3バンドは全て初見だった上に三者三様のスタイルで大いに楽しめました。
最初のEndonは初っ端から右ストレートをくらわされたようなノイズ・グラインドの嵐で
その轟音には後方で見ていたにもかかわらず思わず耳を塞ぎたくなるほど。
もはやリフや展開などの概念をすっとばしたかのようなヒステリックさでリスナーに迫るその音の波は、
しかしそれでも不思議な魅力があるのかなんなのか、いつの間にか聞き入ってしまいました。
よくよく聞けば、狂気の体現とでもいったような音の波の中にある原石がいい感じにトリップできました。
まぁ基本的にはずっとギャーギャーいってるので苦手な人はとことん苦手だろうなぁ。

Coholはお目当て。ずっと見たかったー。
もうかっこよすぎでしたね。ミイラのような風体で荒々しくベースをかき鳴らすHIROMASA氏に正確無比でパワフルなドラミングで存在感抜群のKYOSUKE氏、HIROMASA氏とともに激しいツインボーカルを魅せ、MCまで激情まみれのITARU氏。素晴らしいスリーピースバンドを見せてくれました。

Portalはただ一言「異形」としか思えませんでした。
演奏云々はともかく登場時の出オチ感のある非常にインパクトのある光景が目に焼き付いて離れないですね。
楽器陣は黒装束に身を包み(上手のギターは首に紐を括りつけていて)、ボーカルのThe Curatorはクトゥルフのニャルラトホテプを模したようなイカのバケモノでしたし、一瞬ここは地獄かと思いました。
曲も全然区別がつきませんでしたが、それでも禍々しく暗黒に包まれた世界観を見せてくれました。
ところどころで後ろを向いて飲み物を飲んでるのがちょっとかわいく思えたり。
いや、でもよくPortal来てくれたなぁ…というかよく呼べたなぁ……
またある一部の熱狂的なファンがいるようなニッチなバンドを呼んでくれるみたいなので来年も期待しましょう。


そして来年には、Coholが今年にスプリットを出したheaven in her armsと、日本のヘヴィロック界の異端児Borisとの3マンライブがあるのでみなさん行きましょう。

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。