スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Negicco×Especia「9 girls!」

8月26日に恵比寿LIQUIDROOMで行われたNegiccoとEspeciaのツーマンライブに行ってきました。



よく名前を聞く恵比寿LIQUIDROOMに行くのはこれが初めてでした。後ろに行くにつれ段差があって演者が見やすいですね。開演前にはメンバーとのハイタッチ会なども催されていたようでしたが時間の都合上行けずライブのみの観覧となりました。

開演前はDJの長谷泰宏(ユメトコスメ)氏がノリノリのディスコ調にNegiccoやEspeciaの楽曲をミックスしながら雰囲気を盛り上げてました。この時点からもう身体を揺らせている客が何人もいてこれからのワンナイトフィーバーを予感させます。
NegiccoもEspeciaも曲調は異なりますが、どちらもダンスサウンドにはよく合う明るい雰囲気を醸しているので違和感はありません。ちなみに二組とも見るのは初めて。

最初に登場したのはEspecia。1stフル「GUSTO」のイントロダクションからスタート。
堀江系ガールズグループとして活躍する彼女らは往年のハウス/AORサウンドを肝にしているため、よくあるアイドルグループの曲にあるような終始アップテンポなナンバーで会場を沸かせるという方向性ではないのですが、これがもう凄かった。圧倒された。キュン死にした。
彼女らの歌声とバックに鳴るダンスサウンドとの見事な調和といい、音楽性に合わせた時代錯誤の、いや逆にこれはこれで時代に合ってるんじゃないか?と思わせるようなキュートなファッションといい、間奏部分で魅せるメンバー(主に三ノ宮ちか)のヒップホップダンスソロといい、見ているとクラクラするようなライブ空間にずっと目を奪われていました。
なによりも雰囲気作りが上手い。AORの持つトレンディな要素にメンバーの振り付けが合致していていちいち可愛いし、本当に結成1年足らずのグループか?と疑ってしまいます。これには周りの人間のプロデュース力の高さを思い知らされました。
まだまだ幼い容姿の彼女らですがこのまま行けば時代に一矢報いるグループになると確信させるものを感じました。12月に行われるワンマンツアーの最終日にフルバンドでの東京公演が決定していますが、サウンドがサウンドなだけにフルバンドでライブをやったら一体どうなってしまうのかと身震いするほどワクワクしました。うん、見てみたいね。

お次はNegiccoが時間を置かずに登場。
3人の地に足の着いた安定感とファンの方との暖かい人柄に溢れたライブでした。
10年選手ということでライブは心配はしていませんでしたが、予想以上に良かったですね。
新曲群や定番の"圧倒的なスタイル"などを配したセットリストで、彼女らのウリであるネギをアピールした曲中の掛け声だけでも楽しくて、覚えやすい振り付けと3人のコミカルなMCに終始和やかなステージングでした。終盤はかなり疲れが見えるなと心配していましたけどずっと笑顔だったのは流石だなぁと。にしてもNao☆ってあんなキャラだったんですね…w
振り付けはまだ自分たちで考えているんですかね?だとしたら相当凄いのですが……
ファンの方々が持っていたネギ型のサイリウムちょっと欲しいと思ってしまった。

最後はNegiccoとEspeciaが今夏限定で組んだユニット、Negipeciaで登場。
実はNegipeciaが登場する前に、Negipeciaが先日リリースしたユニット曲"Girl's Life"のPVメイキング映像が流され、貴重なオフショットの数々を見ることができました。かなり楽しげに旅行を、そして動物たちと戯れる彼女たちを見ることができ、これは編集してる側も楽しそうだなぁとほっこりしました。
ライブではEspeciaの"ミッドナイトconfusion"、Negiccoの"アイドルばかり聞かないで"、Negipeciaの"Girl's Life"を披露。それぞれのグループの楽曲をNegiccoやEspeciaが交互に歌っているのはなかなか貴重でした。
MCではこれからのイベント予定やデジタルフォトブックのリリース、そして「Girl's Life」のシングルがデイリーチャートで4位を獲得したことなどが伝えられ、これには会場も沸いていました。4位って結構すごいですよね……
なんかもう二組の仲の良さがびんびん伝わってきてこっちまで楽しくなるくらいに雰囲気が良かった。これはファンの方々、観客の人たちの力も大きいんでしょうが、新潟大阪と回ってきてのツアーファイナルとして、最高の雰囲気で終われたんじゃないですかね。

Negipecia自体は今月(8月)で解散するというので至極残念なのですが、二組の競演が見られただけでも充実したライブでした。そして個々のライブ自体もアイドルという範疇からははみ出しているであろう広義のエンターテインメント性も感じられて、途中からめっちゃ足が痛くなってきたんですけど彼女らを見ていると、そして曲を聞いていると痛みも感じなくなってくるくらい暖かいライブでした。

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。