スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナエ*フェス2014 ~夏のつめあと♡~

8月30日に渋谷WWWで行われたハナエフェスに行ってきました。

出演:
ハナエ / 進行方向別通行区分 / 空想委員会 / Shiggy Jr.



いつも渋谷cycloneへの通り道として上っているスペイン坂をさらに少し行った先にあるWWW(通称ダブダブ)が今回のハコ。元々は映画館だったようで、客席もフロアから段々になっているのでステージの見づらさはそれほど感じません(移動がちょっと面倒ですが)。

最初はShiggy Jr.。この並びだとトップバッターだよなぁ。
トップに相応しいノリノリポップチューンをセットリストに配してお客さんの心をガッチリ掴んでいました。
出演バンドの中ではおそらく知名度は一番ないと思われながらも自分たちの印象をしっかりとつけていたように思います。終わったあとにも「最初のバンドのCD買おうかな」と言っている人もちらほら見かけましたし。
MC部分でもベースの夏彦氏のキャラを生かして笑いをとっていたのでよかった。
まだまだこれからのバンドなのでフリートークでのおろおろ感はまだあるものの、ポップでキュートなライブでした。
1stミニから2曲、2ndミニから4曲ほどやって終了。途中に夏彦氏がキーボードを弾いてる場面もあって「こんなこともできるのね」と思ってしまいました。勝手にギターのしげゆき氏がやっていると思っていたので。まぁサポートのキーボードの人との差別化やどこの部分を弾いているのかはわかりませんでしたが。
終わりにメンバーが物販のところにいてちゃんと対応していたのも好印象。これから先もNegiccoやEspecia、UNCHAINとの対バンや自主企画「なんなんスかこれ。」などの予定もあるのでこれからどんどん活躍の場が広がっていくでしょう。

空想委員会はShiggy Jr.で盛り上がった空気をさらに高める役割を見事に果たしていました。
三浦委員長の愛されキャラっぷりや佐々木氏のライブが進むにつれてテンションがブチ上がっていく様など見ていて楽しいライブでしたね。"難攻不落ガール"、"独占禁止法"なども聞けてよかったです。10月に出るというメジャー初シングルの"純愛、故に性悪説"も披露されました。
演奏面でもサウンドがサウンドだけに盛り上がるのは必至だとしても、それを壊さない三者三様(+ ドラムのテディ)のステージングが遠目からでも映えまくっていました。変にカッコつけてない音楽性とパフォーマンスは嫌味がなく見ていて気持ちいい。とんがっているザ・ロックなバンドとは真反対にいるなーと思わせる楽しいライブでした。

開催一週間前になって突然出演すると言い出した進行方向別通行区分は先鋭的かつ圧倒的でした。
相対性理論の前身バンドとして真部氏や西浦氏が所属していてヤフオクなどでも会場限定で販売された音源が万を超えるなどの知る人ぞ知る的なバンドなのですが、前からオファーし続けていたようで、いきなり出演が決まったものだから一からタイムテーブル組み直さなきゃならなくなったとハナエがMCで愚痴をこぼしていました。
自分は何曲かはyoutubeで視聴していましたがライブを見るのも曲を聞くのもほぼ初めて。
曲のフレーズ自体は理論を彷彿とさせる真部サウンドですが感触が全然違う。特徴的なギターフレーズに印象に残るリフと時に激情的にかき鳴らされるハードコアサウンドが組み合わさった唯一無二の音楽性でした。
そのライブ自体も異様で、蝉の鳴き声をメンバー全員が口ずさみながら登場してそのまま曲がスタート。
曲間もMCを挟まずギター兼ボーカルが一人で何かを歌うだけという異質な空気感を持つライブでした。
ヒートアップしてくると楽器をぶっ壊すくらいの勢いで演奏するし、でも曲は破壊されないギリギリのラインを保っているし、おまけにクソ上手いしなんなんだって感じで……
Shiggy Jr.と空想委員会でアゲアゲになったところに進行方向がぶち壊すという"予定調和を崩す予定調和"を見られた気がしました。いいもん見れた~~!!
最後は真部氏を上に乗せた騎馬が作られ、真部氏がスケッチブック一枚に一文字ずつ書かれた「10年間ありがとう」のメッセージを見せながらステージ裏に消えていきました。
あっけなく解散しましたね。次の解散ライブはいつになるんだろ……

トリはもちろんフェスの主催であるハナエ。全体にハートマークをあしらった妖精のような恰好で登場。ですが自分は網ニーハイにしか目が行きませんでした。
"恋は神聖ローマ"、"変幻ジーザス"などの代表曲に加え、観客にコールを求めるアップテンポナンバーや自らがギター少女となって歌う".BLACK BERRY"、空想委員会のボーカル・三浦委員長とのコラボ曲"ばらの花"(くるり)、Shiggy Jr.のボーカル・いけだとのコラボ曲"あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう"(岡村靖幸)など主催らしいバラエティに富んだセットリストで、ハナエ用サイリウム「ハナエリウム」を持ったオーディエンスが共に合唱する光景が見られました。
ハナエのライブは初めて見たのですが、MCであんなに絵に描いたようなツンデレぶりを発揮しているとは思っていませんでした。ファンのことを飼犬と呼んでいるハナエらしく、上から見下すようなツンの顔と歌っているときやフェスが成功を収めて感謝する場面でのデレの顔の対比がキャラにぴったりで「なるほどこれが人気の秘密か…」と妙に納得してしまいました。大人びたことを口にしている割にはまだまだ少女という佇まいが抜けきっていないようにも見えて困惑もしたのですが、みんな楽しそうならそれでいいや…


転換時のSEが案外懐メロが多いなぁと思っていたのですがハナエが組んだ夏曲セットリストみたいですね(ハナエのTwitterにセットリストが上がってるので気になる方はどうぞ。さりげなくVampilliaが入ってるのが面白い)。
終了後は物販ブースでShiggy Jr.のメンバーから2ndミニにサインをもらうために列に並んでいましたが、もう一つのお目当てだった進行方向のCDは見たところありませんでした。。。CD自体はもう売ってないのかな?でもこの前のライブだとレコーディング生録音とかでライブやってた?みたいだし音源出す予定はあるような気がしないでもないんですが……

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。