スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BABYMETAL WORLD TOUR 2014

9月13日に幕張メッセで行われたBABYMETAL世界ツアーの一環の日本公演に行ってきました。



日曜のを一般で取ろうと思ったのですがチケット瞬殺だったので取れるはずもなく、
仕方なく土曜の方を先行で取りました。
幕張メッセには確か初年度のラウパ以来ライブでは来たことがなかったので(あとはTGSくらい)、
周りの景色に全然覚えてないなぁハハハと高笑いを浴びせながら会場へ。
当日はベビメタの他にゆずのコンサートもあったようで
ゆずの黄色いシャツと黒いメタルシャツが入り乱れて一瞬踏切かと思いました。
ベビメタの客層はまさに様々で、見るからにメタラーだという人やゆいもあの衣装を模したようなゴシックロリータな服の人、そこらへんにいそうなOL軍団やドルオタの延長で来てそうな人などよりどりみどりでした(?)。

アリーナは疲れるのでスタンドの席を取ったのですが、まぁライブ中は立ちっぱなしなのであまり意味はなく。
ステージもスタンドから見ると人間がミニチュアのように小さくなり、
たまに大スクリーンに映るSU-METALの御尊顔を拝謁するぐらいが関の山でした。
ワールドツアーの一環としての凱旋ライブという位置づけだったため新曲も披露されることなく、
欧米諸国でのセットリストと変わらずの楽曲群でしたが、ワンマンでじっくり見られたことだけでも収穫だったかと。
とりあえずSU-METALのポテンシャルの高さ。可憐Girl'sでのあどけなさはどこへやら、
ライブのハイライトとも言うべきソロ曲"紅月 -アカツキ-"での白肌に滲む汗をものともしない熱唱といい、
"ギミチョコ!!"、"Catch Me If You Can"でのゆいもあと合わせてのコミカルかつキュートな振り付けといい、
曲によってきれいに表情を使い分けられるのでライブにメリハリがついていいですね。
ゆいもあも最初からそんなに動いて大丈夫なのか…と思わず心配になってしまうくらいのはっちゃけっぷりで
笑顔のまま舞台を所狭しと移動する姿はさすがアイドルだなと唸るほど。
アンコール最後の"イジメ、ダメ、ゼッタイ"でのパイロテクニクスが凄まじくて
スタンドにいるにもかかわらず熱気が伝わってきてびっくりしました。あれじゃアリーナめっちゃ熱いだろうな…
最後にはアリーナでWall of Deathも出来てたのでそんなの感じる余裕も無かったかもしれませんが。
名残惜しかったのはスクリーンの演出が少なく、ラウパで観客を沸かせたような紙芝居も
"おねだり大作戦"前に導入されるだけだったことですね。
なんかあっという間に終わってしまった気がします。まるでアルバムを聴いてるときのように。
MCがないのでそう感じるのかもしれませんけど。
一回や二回見るぶんにはいいですが何回も見るほどではないかなーと思ったり。パフォーマンスは良いのですが。
とにかくメタルのライブとは違った一体感を味わえるライブでした。

ラストには1月10日にさいたまスーパーアリーナでの新春キツネ祭の開催が発表されました。
とりあえず来年もベビメタは続行らしいです。いつまでやるんでしょうかね。

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。