スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年ベストアプリゲーム

ノリで作りました。ベストというよりはこれ面白かったよって言いたいだけの記事。
今年リリースのものではなく自分が今年やったゲームの中で、という位置づけで書きました。
なお、Android対応です。あとほぼRPG。



10位
BADLAND

まっくろくろすけのような謎のふわふわ生物を操って不時着した惑星を脱出(冒険?)するアクション。
絵による簡潔な説明もそのままに着の身着のままフィールドに駆り出されるのでやりながら覚える感じです。しかも強制横スクロールのためあわあわしながらゴールを目指します。雰囲気は静謐で、「ICO」や「風ノ旅ビト」などに近い。映像は、障害物が真っ黒な影で表されていたり背景も逢魔が時のような美麗かつ暗鬱としたテイストになっていて、好きな人には堪らないものになってます。しかし難易度は易しくなく何度も死にます。よくわからない仕掛けに何度泣かされたことか……自分的にはあまりハマりませんでしたが空気感は好きでした。

紹介記事
http://app.famitsu.com/20130502_160950/



9位
メルクストーリア

CMでも目にする、世界樹の迷宮シリーズのようなかわいいキャラを操るリアルタイムストラテジーRPG。
キャラのやり取りが意外としっかりしていてRPGをやっている気になるのはとても良い。このRPGをやっている感覚というのは結構大事ですね。あとサクサク進められます。戦闘ではこっち側は指示を出すだけ、言い換えればちゃんと状況を把握していないと全滅するので注意が必要。難しくはないですがそれなりの助っ人がいないと苦しくなる場面もしばしばで、運に左右されやすいのかな、と思ったり。

公式HP
http://mercstoria.happyelements.co.jp/



8位
消滅都市

現代都市を舞台にしたアクションRPG。
すぐ思いつくのはアトラス系のシリアスな人間群像劇を擁したRPGですが、秘密めいたストーリーやスタイリッシュな感覚含め似通っています。バトルのシステムはバイクに乗った主人公を操りながらフィールド上に散らばる属性マナを集めながら攻撃するという他では見られないもの。レースゲームとは異なりますが映像が綺麗なのでクセになります。難点は無課金だとつらいところか…敵の強さのインフレが激しいんだよなぁ。

公式HP
http://shoumetsu.wrightflyer.net/



7位
Deemo

少女と謎の生物との交流を描いた音ゲー。
システムは単純で降りてくるバーに合わせてタッチするだけ。これだけなんですけど、魅力あるストーリーの雰囲気と映像のおかげで思い出深いゲームに仕上がっています。あと入ってる音楽がほんといい。琴線にビンビンくるエレクトロニカやピアノ曲などがあって曲だけ聞かせてくれって思うこともあります。課金制で音楽が手に入るのでずっと遊べるのもよし。

紹介記事
http://www.4gamer.net/games/234/G023415/20140704096/



6位
ディバインゲート

5×5に配置されたマスを辿っていきながら鍵を探し、ゴールのボスを倒していくRPG。ですが冒険してる感は無くてむしろパズルゲームに近いかな。でも結構ハマります。これまたアトラス系ゲームを彷彿とさせるスタイリッシュさが演出の節々から感じられるのでそういうのが好きな方にもおすすめ。どう進めばいいかは完全に自分が決めるのであまりやらされてる感もありません。という意味ではバトルシステムも、そして音楽も素晴らしかったですね。

公式HP
http://divine.gungho.jp/member/



5位
SKYLOCK

世界を救うなどの謳い文句が踊る王道中の王道RPG。ただ王道とはいってもフィールドとは名ばかりの一方通行クエストに事前イベントで入手したレアキャラがいないと意外に苦しい戦闘など、人によってはなんだこりゃ!って投げ出すようなゲームなんですが、単純作業が好きな自分には結構面白くて長い間やってましたね。

公式HP ※音注意
http://app.gloops.com/game/skylock



4位
ことこと

ランダムに配されたひらがなから言葉を作り出し敵を攻撃するRPG。
これは面白いですよ。「もじぴったん」が好きな自分にとってはハマらないわけがありませんでした。作る言葉の文字数によってダメージ・攻撃できる範囲などが変わってきて、なんとかして長い言葉を作ろうと躍起になってました。知名度はないですが、言葉ゲームが好きならやるべき。

公式HP
http://www.koto2.jp/



3位
スラッシュオブドラグーン

このゲームは爽快感。これに尽きます。様々な形のオブジェクトを一筆書きの要領でなぞっていくアクションRPGなんですが、それ以外のバトルシステムも考えられているので、何度もピンチになりながらもボスを倒したときの達成感がハンパないです。パズドラから派生したパズルRPGの中では白眉の完成度かと。(パズルではないですがモンスターストライクなども面白い)。

紹介記事
http://app.famitsu.com/20131225_292032/



2位
サモンズボード

ゲームシステムがピカイチ。バトルシステムが飽きないゲームはやはり長く続きます。
4×4のマスが戦いの場で、モンスターごとにどの場所にどのくらい進めるかが決まっている詰め将棋的な遊びの要素が面白い。これによって進化素材集めとかの作業が作業でなくなります。敵がどう動くかがわからないし自分の動きによって戦闘が有利になるか不利になるかが変わるためかなり考えます。手持ちのモンスターを進化させると動ける範囲が増えて戦略運びに効果をもたらすので育てる楽しみもあります。おすすめ!

公式HP
http://sb.gungho.jp/



1位
ディズニーツムツム
LINEパズルゲームの筆頭株。もはや惰性で続けてる感が否めない。
今更なにを言うかって感じですけど、ツムツムって「ディズニーが好き!」って人たちが根気強くやっていることにちょっとびっくり。自分がツムツムで遊んでいる理由としてはまずシンプルで消すときに爽快感があるからだったので、キャラが好きなだけでずっとやっているってのはシステム重視の自分には驚きでしたね。新しいツムも増えてきて常時なんらかのイベントが開催されているような人気ゲームになりましたが、最近イベントの内容がネタ切れかもなぁとも思えてきたので、ユーザーの維持には気を配ってもらいたいですね(ピートイベントは面白かった)。あと開始早々に動作停止するのも多々ありますね……



【総括】
改めて見ると自分は戦略性やシステム重視で雰囲気は二の次な感じですね。逆だと思ってたんだけどな……。スマホで出来る手軽さからかシステムはしっかりしていてほしいと思ってるので、そこが結果に反映されたという印象です。そこまで作品の雰囲気に入り込めないってのも原因かもしれません。
ソシャゲをやってるときにいつも思うんですけど、パズルの戦闘、キャラのレベルアップは合成、進化は素材を集める、レアキャラはガチャ……など根本の部分はぶっちゃけどれも同じで、他のシステム面などで独自性を出していかなければならないのかなと思いますね。本当に据え置きハードでのRPGを期待するならケムコとかの有料ゲームをやったほうが断然面白いんですけど、無料ではここまでが限界なのかな。
まぁとりあえず今年やったアプリゲームの中で面白かったものを挙げてみました。暇だなーなんか面白いやつないかなーって思ってる方々は参考にしていただけると嬉しいです。

テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。