VIVA LA ROCK 2015 AFTER VIVA!!!

5月5日にさいたまスーパーアリーナで行われたVIVA LA ROCKのAFTER VIVAに行ってきました。

【LIVE】 Awesome City Club / The fin. / HAPPY / 夜の本気ダンス
【DJ】 石毛輝(the telephones) / Getting Better (片平実 / 神啓文 / 西村道男 / 鹿野淳) / Fragment × DOTAMA / 鹿野淳



前記事はこちら


AFTER VIVA感想の前に、5月4日の無料ステージでHelsinki Lambda Clubも見たのでその感想もちょっと。
事前にPVを見て気になっていたバンドでした。ベースの存在感が強くて、プレイヤーのパーソナルな部分も含めてHLCの一つの個性となっていると感じました。長髪と酢顔に分類されそうな容貌からして怪しいんですが、ライブにしても下北沢のにおいがプンプンするくらいのインディー臭がありました。でかい会場でやってる絵がまだ浮かんできませんがビバラに出たことで彼らの名前がもっと浸透していくだろうと思います。


さて、最終日の後夜祭、オールナイトイベントであるAFTER VIVA!!!は22:30~5:00の長丁場でして、ライブアクトの持ち時間は35分ほど、DJアクトは50分ほどで、会場内は休みなしで音楽が鳴っているという割とガチでクラブっぽい雰囲気でした。DJも人気のJ-POPからヒップホップまで飽きさせないようなセットリストとミキシングによりノっている人は少なくありませんでした。宇多田ヒカルのテクノアレンジはめちゃくちゃカッコよかったな。自分は最初こそノっていたもののさすがに疲れたのでライブ以外のときはほぼ座って船を漕いでました。

最初のライブアクトはAwesome City Club(以下、ACC)。音源がまともにリリースされていないながらもネットを中心に話題となり、今年ついにアルバムを発売した男女混合ポップバンドで、インタビューでも明らかになっている通り編成やソングライティング、バンドの売り出し方に至るまでそのセルフプロデュース力が評論家たちの口の端に上がっていることでも知られています。
ACCが出るなら仕方ねぇ行くか……と参加を決めたくらい気になりまくってるバンドなんですけどいやはやライブパフォーマンスも素晴らしいものでした。これはぜひワンマンとかでじっくり堪能したいですね。正味30分じゃ足りなすぎる。
深夜ということもあって、そのシティポップな音楽性もといフロントウーマンのPORINによる艶めかしい立ち居振る舞いに幻夢に当てられたようにクラクラしてくる感覚の中、ただただ音にまみれて身体を揺らしながら夢に落ち込んでいってもいいと思えるほどでした。というかPORINちゃんが可愛すぎてもうやばかったっすね。あの、ドタイプなんですよ、結婚したい。
でもちょっとメイクが濃かったような……深夜仕様?PVだとそんな風には見えなかったんですが、あの外見とMC、というか喋り方に少し高飛車な印象も受けたのも事実なので、そこらへんがただ"かわいいバンド"ってところとは一線を引いてるというか、気になる人は気になっちゃうかもですね。まぁPVだと薄幸さが出てるのがいくらか気になるものの充分可愛い部類ですが、生で見るとさらに可愛すぎワロタとなるので一見の価値ありです。

お次はThe fin.。洋楽を意識した若手ロックバンドの中でも顕著な洋楽志向が見えるバンド。かなりのUKロック臭、というかイギリスのロックってこんな感じでしょ?と予想し得る中での最大公約数的なものを表現しちゃってる感じです。
このへんから眠気が押し寄せてきたので、その音楽性と相俟って夢の世界へ誘われそうになりました。このバンドも深夜にはうってつけのヒーリングミュージックですよ。盛り上がるような音楽ではないのでACCのときほど客はスタンド席にいませんでしたがいい意味で淡々とライブしてましたね。ただもう何度も言うように眠かったので平坦に感じたことも事実ですが。
HAPPYも一言で洋楽っぽいと形容されるような音楽をやってる若手バンドで意外に売れっ子。HAPPYが始まった途端それまで死んでるように寝てた子が飛び上がって盛り上がってたのが印象的でした。直前でAFTER VIVA!!!への参戦が発表されたので、それほど集客力があるのか、どんなもんなのかなと思って見てました。幼馴染5人組で同じような髪型で文字通りハッピーになるような曲をやってるバンド、って認識でしかなかったんですが、ライブは楽しげでよかった。ただもうちょっと音に深みがあるといいんですけどね……ただ楽しいってだけのライブじゃなくて、彼らには今の状況に満足せずもっと高みを目指していってほしいですね。せっかくいいセンス持ってるんだから。

夜の本気ダンスがビバラの大大トリ(MC談)ってことはさておいて、バンド名に「ダンス」って入れちゃったことからもわかるように客を踊らせることを第一義としたダンスロックバンドで一度は見てみたいなと思ってました。
いやー名前負けしてない!すごいっすね、身体が勝手に動く。メンバーも踊りまくるので会場が一瞬でダンスフロアになる。いきなりの"WHERE?"から"B!tch"や"戦争"で畳み掛ける。DJのようなエレクトロニカサウンドではないので派手さはありませんがバンドのコンセプト的には成功していると言っていいでしょう。眠気もふっとぶ勢いでかっこよかったですよ。ただ彼らとかフレデリックとかのライブを見てるときに邦ロックのダンス化とかその他もろもろに対する感慨が脳裏をよぎるのが玉に瑕ですが、そんなこと考えてライブを見てるのは自分ぐらいなので大丈夫です。

そしてビバラの仕掛人である鹿野氏がDJをしてる最中に(終わりかけだけど)、他よりいち早く外へ。ゴミが散乱してるさいたまスーパーアリーナを背に帰りました。

みんな、ゴミは持ち帰ろうね!!!


テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる