スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRIGGER THE BLOODSHED / Purgation

Purgation

Country: United Kingdom
Genre: Deathcore / Brutal Death Metal
Order: 1st Full
Release: 2008

Rate: 79



1. Inception
2. Merciless Ignorance
3. Laceration
4. Rebirth
5. The Defiled
6. Severed
7. Impregnable Miscreation
8. Hollow
9. Lovers
10. Mortuary Walls
11. Violent Elucidation
12. Wretched Betrayal
13. Retribution
14. The Abortive Becoming
15. Domicile
16. Whited Sepulcher
17. A Perfect Casket





近年、ドラマーのDan WildingがCarcassで活躍していることもあって、その名前を目にする機会も多いTrigger the Bloodshedの1stフル。しかしこの頃のドラムは結成メンバーのMax Blunosだったりします。

まさにブルータルデスメタル+ハードコア的なブレイクダウンを挟みながらブラストビートで爆走するスタイルはデスコアというよりはブルデス寄りのサウンドで、ブラストパートが全体の8割くらいを占めているためかなり激しく聞こえます。ボーカルはグロウルとスクリームを使い分け、時折ギターもバッキングボーカルとして叫びます。類似バンドとしてはSuicide SilenceやDespised Iconなんかが挙げられると思いますが、前者ほどハードコア的でなく後者ほど聞きやすいわけでもなく、また17曲で40分にも満たないランニングタイムのおかげでその怒涛の音像に身を任せるしかない感触が味わえます。5. The Defiledや8. Hollowなどのオールドデスに見られるようなSEがかったインストもあったりするのでやはり意識はしているんでしょう。終始テクデスのような無慈悲さが支配しているためおどろおどろしい雰囲気はありませんが。
最初から最後まで音の塊と言えば聞こえはいいかもしれませんが、猛スピードのうちに曲が終わってしまい気づいたときには既に次の曲にいっているなんてザラなので、金太郎飴状態といいますか、変化には乏しいです。1分程度の短い曲だと爆走中のリフは同じように聞こえてしまいますね。逆に4. Rebirthや10. Mortuary Wallsなどの表情がある曲は結構好きでして、特にブレイクダウンやリズム変化の場面は歪んだギターワークが不穏さを醸しててかなりカッコいいので緩急がついている方が好みですね。ですが休みなしに爆走する3. Lacerationや17. A Perfect Casketはまさに圧巻で、アルバム全体として見ればもう少しバランスを取ってほしかった気も無きにしも非ず。



Laceration





Facebook
https://www.facebook.com/pages/Trigger-The-Bloodshed/86011737443

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。