スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FORCEOUT / Delusion

Delusion

Country: Ukraine
Genre: Melodic Death Metal
Order: 1st Full
Release: 2013

Rate: 82



1. Intro
2. Усе, що є
3. Living in Lie
4. I Need Salvation
5. Lost Feel
6. Свинцеві квіти
7. The Same
8. In the Dark
9. Equilibrium
10. Not My Delusion
11. Outro





2008年に当時学生だったDima Krutyholova(Vo, Gt)が友人を集めて結成したバンドに端を発し、2010年に名を現在のForceoutとして(以前のバンド名はСимфонія Вітруというらしい。Facebookのプロフィール欄にはなかったのでMetallumから情報を拝借)、2011年にEP「Equilibrium」を発表、次にリリースしたフルアルバムがこの1st「Delusion」となります。貧乳ジャケ。

音楽性はギター主体の至極堅実な、言い方を変えれば地味なメロデスをやっています。
目立ったソロもプログレッシブな展開も無し。今更こんなものをやっても誰も寄りつかないのはわかりきってるのに敢えてそこを狙うスタイルが往年のメロデスが好きな人にはグッとくるような、そんな愛すべきメロデスです。正統派志向が強まってきた頃のIn Flamesのような、またそのフォロワーだったWithout Griefのようなイエテボリスタイルが東欧のウクライナから出てきてしまったところがなんともいじらしく思えます。ロシアらしいキラデスをやれば多少話題にはなるのに……
ただ単に地味というだけで片づけてしまうには惜しく、5. Lost Feel、7. The Same、10. Not My Delusionなどの疾走曲や泣きメロが印象的な8. In the Darkで聞くことのできるリスナーのツボを押さえたかのようなフレーズが案外カッコよくて(無名バンドにしては、という注釈つきですが)、矢継ぎ早に繰り出されるリフとメロディに、買った当時は結構聞いてました。その繰り返しがしつこく感じられますが普通に聞けるレベルなので気になるほどではありません。しかしどっかで聞いたことあるよな……と思ってしまう感は無きにしもあらずなので、メロデス好きにしか薦められませんがね。
元々が地味なのでそれ以上でもそれ以下でもないところがなんとも言えず、上記の曲以外にも聞くべきところは散見されますが、突出したものがなく再生されるままに流されてしまうところがあります。それでも決して悪いというわけではないので過去しか見てないメロデサーはこれを聞いてあの頃は良かったよねトークで盛り上がれるはず。はず!!!
iTunesストアで何故か600円なのでデータ買いに抵抗がなければお得かもしれません。中古でそれぐらいで落ちてそうだけどね。

ちなみに現在ではドラマーが交代し、新たにキーボーディストを迎えて5人編成となっている模様。
現時点(2015年6月)での新作EP「Bloodtale」が彼らのbandcampで販売されてます。曲のクオリティが上がりめっちゃカッコよくなってるので是非!
全然関係ないけど、群馬にもForceoutっていう同名のハードコアバンドがいるようですね。初めて知った。



Not My Delusion





VK
http://vk.com/forceout

Facebook
https://www.facebook.com/forceoutua?_rdr=p

bandcamp
https://forceout.bandcamp.com/

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。