スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EXMORTUS / Ride Force

Ride Forth

Country: Whittier, California, USA
Genre: Melodic Thrash/Death Metal
Order: 4th Full
Release: 2016

Rate: 78



1. Speed of the Strike
2. Relentless
3. For the Horde
4. Let Us Roam
5. Black Sails
6. Hymn of Hate
7. Appassionata
8. Death to Tyrants
9. Fire and Ice





カリフォルニア出身のネオクラシカル・メロディックデス/スラッシュメタルバンドの4th。
前作「Slave to the Sword」からベースがClodoaldo BibianoからMike Cosioに交代されています。Mike Cosio氏はAbysmal Dawnなどのデス、Sirionなどのメロデスバンドに在籍したことがある人物のようです。そのせいか今作ではベースがはっきりと聞こえ(サウンド的にも埋もれなさそうですが)インストなどではテクニカルなフレーズもちらほらと窺えます。

前作で少し原点回帰したかな?と思わせといて今作はまた方向性が違ってます。といっても微々たるものですが、このバンドの場合は些細な差でもその特徴が顕著なためか存外大きな差異として現れてくるのが玉に瑕。自分はそんなに欠点とは思ってませんが失望するファンは多そうだなぁって感じですね。
以前にも増してネオクラシカルなフレーズが大胆に盛り込まれ疾走感よりもフレーズありきな曲展開になっています。バッキングがデスラッシュやメロデスによくあるリフではなくリフ自体もネオクラメロディの一部のようになっていて、時にはヘヴィさも蔑ろになりピロピロ弾いてることもあり賛否両論わかれそうですね。決して速さが失われたわけではありませんが、明らかに従来のサウンドとは重視しているところが違うなぁというのがわかります。インストの7. Appassionataに関してはクラシックのオマージュを好き放題やっていて物凄いことになってますよ。好き嫌い関係なく一度聞いてみることをおすすめします。あとドラムは相変わらず脳筋なので気の利いたフィルなども無しで聞いててクソつまらないです。それと2. RelentlessのMVではイントロに謎のピアノが入ってますが本編では一切無しです。意味わからねぇ。

Exmortusがやりたいこととリスナーが彼らに望んでいることに若干の溝があることは否めないものの、キーボードのないネオクラシカルフレーズ満載のメロデスでこれだけ徹底してるのはExmortusくらいしかいないので独自路線を貫いてもいいんじゃないでしょうか(投げやり)。



Relentless





Facebook
https://www.facebook.com/exmortusofficial/

bandcamp
https://exmortus-official.bandcamp.com/

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。