スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SKULL FIST / Chasing the Dream

Chasing the Dream

Country: Canada
Genre: Heavy/Speed Metal
Order: 2nd Full
Release: 2014

Rate: 76



1. Hour to Live
2. Bad for Good
3. Chasing the Dream
4. Call of the Wild
5. Sign of the Warrior
6. You're Gonna Pay
7. Don't Stop the Fight
8. Shred's Not Dead
9. Mean Street Rider





カナダはトロント出身のヘヴィメタルバンドによる2ndアルバム。
EnforcerやWhite Wizzardなどに代表されるNWOTHMの一角として、過去に来日経験があって今年にも再来日を果たすという日本でもそこそこの知名度があるSkull Fist。マイルドなハイトーンで歌い上げられるハードロックにも通じるメロディラインを大切にした楽曲は日本人にとって親しみの持てるスタイルで非常に聞きやすくまとまっています。ノリも良く、スラッシュメタルのような突進力を重視した他のバンドに比べればよりトラディッショナルなスタイルを踏襲した音楽性と言えるでしょう。

疾走曲は言わずもがな、テンポを落とした曲でもそのわかりやすいメロディは耳にすんなりと入ってきて、アルバムもコンパクトにまとまっていてとにかく聞きやすい。とりあえず「聞きやすい」って印象が強いです。言い換えれば、トゲがなくまるまっているので取り立ててここが良いと胸張って言えるところがないのが難点といえば難点ですが、これがいいんだよ!ってな人にとってはたまらないものがあるでしょうね。個人的にはこういうボーカルだと聞きやすいメロディを歌い上げるには向いてますが、起伏が出づらくなってしまうきらいがあるので全体的に平坦な印象も拭えません。もう少し惹かれる部分があるといいんですが、良くも悪くもまとまっちゃってるなって感じですね……
曲単位では、本作の中でも屈指のメロディック疾走チューンである5. Sign of the Warriorや、力強いリフでメロディラインをグイグイ引っ張る6. You're Gonna Pay、ザクザクとしたリフにツインリードで展開されるソロなどメタル的なカッコよさを前面に出した9. Mean Street Riderなどが聞きどころ。まぁ"Sign of the Warrior"は2010年にリリースされた「Heavier Than Metal」というEPの一曲目にあるので、今回のは再録バージョンってことになるんでしょうけど。「Heavier Than Metal」バージョンの方は、今作のものを聞いたあとだと音程ズレとるがなってなりそうですが、まぁ君たちにも若い時期があったんだねってことで……



Sign of the Warrior





Facebook
https://www.facebook.com/skullfisted/

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。