スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使の囀り / 貴志祐介

天使の囀り (角川ホラー文庫)


カバーには天使が描かれていてメルヘンチックですが、中身は正反対です。

※それ程ネタバレはないと思いますが一応注意です><



約500ページに及ぶ本格ホラーです。
一部に生理的嫌悪感を催す表現があるので苦手な方は注意してください。

店頭でタイトルとカバーを見て、おもわず手に取り購入しました。下調べせずに買ったのでまさかこんな内容だとは・・・でも面白かったです。

ただのホラーでは終わらずにラストの部分では医療問題に関わることが書いてあります。
貴志さんならではの奥深い作品です。

冒頭の部分から段々と引き込まれていきます。ゾクゾクしてきます。途中で読むのを断念したほど。
いきなり話が飛ぶ箇所がありますが、それがあまりに唐突すぎて一瞬わからなくなりました。まぁ伏線なんですが。

とにかく一言では表せられません。読んだ人にしか分からないでしょう。

初めて読んだ本だからかもしれませんが、今まで読んだ貴志祐介さんの著書の中で一番好きです。

にしてもこれよく読めたな俺。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コンテンツ
プロフィール

るねす

Author:るねす
モモカンのあんぐり顔

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。